あなたの知らない都市伝説や怖い話、世界で起きている不思議な出来事をまとめている情報サイトです。
Not Found ネットから削除された禁断動画

「Not Found ネットから削除された禁断動画」のネタバレと感想レビュー

2011年(平成23年)に発売され、根強い人気を誇るオムニバス形式のホラー。

「Not Found ネットから削除された禁断動画」シリーズの記念すべき第1作目をネタバレを含めた感想とレビューを行っていきます。

Not Found ネットから削除された禁断動画の作品情報

作品タイトル Not Found ネットから削除された禁断動画
監督 古賀奏一郎
制作会社 amumo98

映画監督としても活躍している古賀奏一郎氏が、第一話からディレクターとして登場しています。

また、他のホラー投稿映像集と違って投稿映像取材時の様子や突撃インタビューなども多く飽きさせない工夫がしっかりとされている。

コンセプトとしては、インターネット上に公開されていたが『何らかの理由』によって削除された動画を紹介し、の真相を突き止めるといった形。

幽霊や心霊現象だけでなく、何らかの事件や痛々しいグロ系も含まれているものの、ディレクターやADの取材パートがその怖さを良い意味で中和してくれています。

シリーズものなので、作品を見れば見るほど登場人物に愛着が湧いてくる。

私自身はあまり好きなキャラではないのですが、特にADの杉本人気がシリーズが進むにつれて高くなり「杉本回」なるものまで誕生しているほど。

ただ、内容的には全然怖くないので恐怖を求めている側からすると、なんだかなぁ…とちょっと複雑な気持ちになってしまう。

「Not Found ネットから削除された禁断動画」は全シリーズ視聴していますが、他のホラーバラエティーの中でもしっかりと作り込まれているので、飽きずに安心して見ていられる作品です。

怖いのなんて無理!だけど、何だかちょっとホラー作品を見たい気分…。

そんな方にはピッタリの作品だと思います。

パッケージや謳い文句だけが怖い、よくあるホラー映像作品を見るくらいなら、是非こちらの「Not Found ネットから削除された禁断動画」を見てみてください!

「Not Found ネットから削除された禁断動画」のネタバレと感想レビュー

それでは、「Not Found ネットから削除された禁断動画」をネタバレありで感想レビューを書いていきます。

File:1「最悪の瞬間」

この動画がアップされた動画配信サイトを運営しているという男性動のインタビューから始まる。

そして投稿映像へと移行する。

その映像は、公園で遊ぶ1~2歳の男の子を撮影するお母さんが撮影しているものだと思われます。

男の子がボールで遊んでいると、公園のベンチで休んでいたサラリーマンと思われる男性の方にボールがいってしまう。

男性は男の子にボールを返す。

その後、遊び終えた帰り道に先ほどのサラリーマンらしき男性が歩道橋の上から男の子に向かって大きく手を振っている。

母親と男の子がそれに気づき、男の子にもバイバイをするように促すも、その直後にサラリーマン風の男性は歩道橋から投身自殺してしまう。

モザイクが掛かっているが、色々とぶちまけられている様子も映っていることから完全に亡くなっていることがわかります。

ちなみにこの映像は、撮影者のパソコンからウイルスによって流出してしまったようです。

記念すべき1回目は、心霊系ではなく『リアルな自殺の現場を捉えた映像』でした。

現実でも、割とよくある自殺現場の映像。

私はこの1回目から、Not Found 禁断動画に惹きつけられました。

投稿された動画サイトの管理人へのインタビュー、からの投稿映像の流れがスムーズで面白い。

投稿映像も無駄な尺稼ぎやリプレイもなく、1度見れば誰でもわかる内容。

とてもテンポ良く次の話へと進んで行きます。

File:2「エレベーターの霊」

こちらは初の心霊系動画。

マンションのエレベーター内を撮影した監視カメラの動画です。

誰も人が乗っていないのに自動的に上がったり下がったりを繰り返すエレベーター。

いくつかの階に到着したエレベーターは1度も開くことなく勝手に上へ下へと不穏な動きを繰り返す。

そしてマンションの住人と思われるお年寄りが乗り込むと、その足元にハイハイをしているような赤ちゃんのような霊が映り込む。

さらにそのお年寄りがエレベーターを降りた後、監視カメラをのぞき込むようにして映る女の子の顔のようなもの。

正直怖くはないが、一瞬顔がのぞき込むシーンでビクッ!となるかもしれない。

File:3「予兆」

とあるサイトで話題になったと言われる子役のオーディション動画だが、現在は削除された動画の真相に迫る。

その動画の削除依頼をした母親とコンタクトを取り取材をするところから始まります。

その動画がなぜ公開されたのか、どこから流出したのかも母親は知らないという。

例の投稿動画に移行し、子役のオーディションと思われる映像が流れ、ダンスを披露する子役の少女。

しかし、途中から首から上が完全に途切れた状態の不気味な映像が続く。

更に、その映像が撮影された翌日、オーディションに出ていた子役の少女は交通事故で亡くなったそうです。

怖いというよりは、不気味な映像。

映像だけであれば大して怖くは無いものの、後日談でこの少女が亡くなったことと結びつくことで恐怖感が増す。

特に名言されていませんが、やはり首と胴体が切り離された事故だったのでは…と想像してしまう。

File:4「公開自殺」

取材陣に直接投稿されたという動画。

それは、自殺の一部始終を撮影したものだと言う。

2007年のライブ配信中に生中継で起こなわれたものだと言うが…。

当時の重いネット回線を彷彿とさせるようなカクカクした映像。

そこに映し出されたのは、1人の女性が首を吊るためのロープを設置しているところから始まります。

どうやら元カレの浮気が原因で、自分が死ぬことで復讐するつもりらしい。

元カレとの話や遺書を書いた後に女性は設置したロープで首吊り。

翌朝までその様子は配信され、発見された時には当然ながら手遅れだったという。

ちなみに、私が調べた限りでは2007年に生放送中に自殺したという事件を見つけることは出来ませんでした。

しかし、2007年のイギリスで少年がこの動画と同じように首吊り自殺をライブ中継するという事件が実際に起きています。

もしかして、それが元ネタなのか…?

File:5「不可解な削除理由(前編)」

釣り好きが集まる動画サイトの中で、1つだけ削除された動画。

そこにはコメントだけが残されていて、「削除しろ」「削除しないと殺す」など、多数の過激なコメントがびっしりと並んでいる。

その動画がアップされたサイトの管理人にインタビューを行うと、最初は放っておいたものの、家に手紙や猫の死骸がポストに入っていたりと本格的な恐怖を感じたため、その動画を削除したという。

取材陣がその動画を見せてもらって確認するも、特におかしな様子は何も映っていない。

その後、送られてきた郵便物などを調査した結果、「削除しろ」とコメントして嫌がらせ行為をしていた人物を特定することに成功する。

そしてAD杉本が、その人物の住むマンションへ取材に向かうも、明らかに何かを隠しているような怪しい様子で杉本を部屋へ招き入れようとする。

異変を感じた杉本はその場から逃げて車に逃げ込むも、男性も後を追ってきていた。

取材のあとに、再び例の削除された動画を検証していると、一瞬だけ取材した男性が映っていることを発見する。

その場所に何か秘密があると考えた取材陣は、その場所を調査することを決めたところで、後半へと続く。

File:6「スカイツリーに現れた…」

映像には、姉妹が仲良くスカイツリー付近で観光している様子が映っている。

冒頭は特に何の変哲もないホームビデオのようなものが続く。

しかし、映像の最後にスカイツリー付近にUFOのようなものが横切る。

停止していたと思われる物体が、一瞬で画面外へヒュン!!!

お世辞にも出来が良いとは言えない、ちょっと笑っちゃうような投稿映像。

File:7「監視カメラ」

都内のとある分譲マンションの駐輪場に設置された監視カメラの映像。

住人のような男性が駐輪場に入ってくると、突然倒れる1台の自転車。

その自転車に驚きつつも、倒れた自転車を戻し、自分の自転車を押して出ていこうとする男性。

すると、向かい側から同じくマンション内に住む女性と思われる人物が歩いてくるが、なんと男性をすり抜けてしまう。

自転車を押していた男性には見えていないようで、特に何も気する様子もなくそのまま出ていってしまう。

そのマンションは墓地の上に建てられたとのことなので、霊達が集まりやすい場所なのかもしれない。

その投稿映像は、マンションの管理会社から圧力がかかり削除されたとのことですが、「残穢(ざんえ)」という言葉があるように、土地そのものに残る呪いや怨念を彷彿とさせる。

あなたの住んでいる部屋は事故物件でもなんでもないけれど、土地そのものが穢れているかも…と考えると他人事ではない。

短い映像ながらそんなことを考えてしまった。

File:8「盗撮」

数年前、ネット上に流出した殺人未遂を映したとある動画。

当然その動画は現在削除されているものの、取材陣がその動画を入手するために取材をするといった展開から始まる。

その動画を持っていると思われる男性を突き止めた取材陣は、その男性の職場へと突撃取材。

当然ながら拒否される。

いや…そりゃそうなるだろう…と突っ込みたくなるのは、私だけではないはず。

しかし、その後に取材陣へ連絡が入り、奇跡的なのか、めちゃくちゃ親切な盗撮犯なのかはわからないがインタビューOKとなる。

そして盗撮マニアのインタビューによると、例の殺人未遂動画は20人以上もの女の子を盗撮していた動画の中の1つで、偶然撮影されたものだという。

そこに記録されていたのは、1人暮らしをしていると思われる若い女性の盗撮映像。

その女性が風呂かどこかへ行くと、いきなりベットの下に潜り込んでいた男性が出てきて女性の枕や服の匂いを嗅ぐ変態行為を始める。

しかし、何か忘れたのか戻ってきた女性と男が鉢合わせしてしまう。

最初は男が逃げ出そうとするが、助けを呼ぼうとした女性を止めようと、その女性を包丁のようなもので刺してから、ロープで首を絞める様子が映像に映っている。

ナレーションによると、この事件は当時大々的にニュースでも取り上げられたストーカー事件の様子を映したものらしい。

私が調べたところ、似たような2つの事件を発見しました。

◎2001年1月18日
東京都中野区に住む女子大生の部屋にストーカーが忍び込みベッドの下に隠れていたが、発見されて逮捕されている。

◎2020年12月31日
徳島県鳴門市に住む30代女性の部屋に男が忍び込んでベットの下に隠れたが、帰宅した女性がベッドの下から息遣いが聞こえたため、友人宅に逃げ込んで難を逃れた。

いずれもベッドの下に隠れた男性の事件だが、被害者が刺されたりはしていない。

だからこれはフェイクだ!なーんて言うつもりはありませんし、地方のニュースなんかで流れた事件なのかもしれません。

そこは見た人がどう感じるか。

本物なのかな…?作り物なのかな…?

そんなドキドキ感を味わえるのも「Not Foundシリーズ」の面白いところではないでしょうか。

ただ、これを見たときに真っ先に浮かんだのは都市伝説でもよく語られる「ベッドの下の男」の話でした。

ホラー好きでなくても知っているくらい有名な話ですよね。

ベッド下の男の元ネタはアメリカの都市伝説らしいですが…。

File:9「赤いジュース」

取材陣へと差出人不明で届いたDVDの投稿映像。

動画の詳細は不明だが、以前にどこかのサイトにアップされたものの、あまりに過激な内容であったことから、サーバーから削除されたものだとナレーションで伝えられている。

その上で、気分を害する恐れがあるので閲覧注意の警告文が登場する。

序盤から赤いジュースが注がれる映像が不穏…。

内容的には、タイトルの時点で大体の想像は付くと思います。

恐らく、その想像で正解です。

ミキサーにかけたリンゴと一緒に、縛られた男性の腕も一緒にミキサーでガァー!!!!!!!!っと。

「赤いジュース」完成ですね。

それを、縛られていた男性に無理やり飲ませて終了。

ガッツリとグロ系全開なので、苦手な方は注意した方がいい。

血がなんだかピンクの絵具っぽいと感じたのは、私だけかな。

それとも、リンゴと血液や指が混ざるとあんな色になるのか…ぜひ確認してほしい。

File:10「不可解な削除理由(後編)」

本作のラストを飾るのがこちら。

全編からの続きで、動画に映り込んでいた廃墟へと取材陣が潜入し、例の男が何をしていたのかを探ろうとする。

廃墟を探索していると、まだ新しいタバコの吸い殻がいくつも残っていることから、出入りしている人物がいる可能性が。

そしてAD杉本が、異様な臭いを感じて部屋を探すと、戸棚から髪の毛がはみ出ているのを発見する。

躊躇なく戸棚を開くAD杉本。

凄すぎるよ…。

私だったら怖くて、絶対開けられない。

戸棚を開けると、大量の髪の毛と血液が…。

その異様な物体が何なのかを考えていると、どこからか足音が聞こえてくる。

パニックに陥った取材陣は、建物から走って退避。

その翌日、明るくなってから例の髪の毛があった戸棚を調べようとしたが、そこには既に何もなくなっていた。

前編で登場した男性のマンションへ向かい、再び取材を試みるも、既に引っ越していて消息がわからなくなってしまっている。

後の調査で、この湖の近くで若い女性が何人も行方不明になっていることが発覚し、廃墟の戸棚にあった髪の毛と何らかの関係があったのではないか…。

そのようなナレーションで締め括っているが、結局なにも解決はしていない。

マンションに住んでいた男性が、この行方不明者たちを襲った犯人だったのか。

あの髪の毛は、行方不明となった若い女性たちのものだったのか…。

これは想像でしかありませんが、恐らく例の廃墟を拠点にして例の男性が湖の近くを通る女性を誘拐し、殺していたのではないでしょうか。

そしてその遺体は、恐らく湖へ…。

魚が遺体を食べてくれますし、餌のあるところに集まるので、投稿動画に映っていた湖が釣りスポットとなっているのも納得できます。

こうして全てをタネ明かしせず、視聴者側に考察の余地を残してくれるタイプの話は色々と考えられるので面白いですね。

Not Found ネットから削除された禁断動画の評価

心霊的な怖さレベル 3.0
人間的な怖さレベル 3.5
グロ表現のレベル 4.0
ストーリーの面白さ 4.5
Not Foundの総合評価 3.5

「Not Found ネットから削除された禁断動画」の第一作目は、今見ると手探り感が凄いですね。

ただ、ヤバい投稿動画というスタンスからか、心霊要素はかなり少なめ。

ホラー要素を求めて見ると、ちょっとガッカリするかもしれませんが、全体的な話の構成も面白くてテンポ良く進むのが◎

Not Found ネットから削除された禁断動画のDVD購入はこちら

Not Found ネットから削除された禁断動画

「Not Found ネットから削除された禁断動画」を無料視聴できるサイトはU-NEXT

「Not Found ネットから削除された禁断動画」を無料で視聴できる動画配信サービスは「U-NEXT」!

U-NEXTは映画以外にもアニメや海外ドラマなどの配信を行っているVODサービスです。

見逃し配信やU-NEXT限定の作品も見放題で視聴する事が可能!

映画の他にも漫画や小説も読めるので、1つのサービスで様々なエンタメが楽しむことができます。

初回登録は、31日間の無料体験期間がありますので、まだの方は是非登録して『Not Found ネットから削除された禁断動画』シリーズを視聴してみましょう!

\『Not Found ネットから削除された禁断動画』はU-NEXTで視聴可能!/

※2021年9月04日時点で視聴確認しています。

ホラー映画が大量にラインナップ

U-NEXTのホラー映画

『U-NEXT』では、『Not Found ネットから削除された禁断動画』の他にも見放題で視聴できるホラー映画が充実しています。

ジャパニーズホラーから、海外のホラー映画まで揃っているだけでなく、「封印映像」や「心霊闇動画」などDVDレンタルショップにしか無いようなものまで見れちゃいます。

最新のホラー映画もいち早く公開されるので、気になっていたけど見れなかった作品も好きなときに視聴可能です。

日本のホラー映画だけでなく、海外のスプラッター映画やB級ホラーも多いので全て見ようとすると何時間あっても足りません。

怖い映画に飢えている!という方は、U-NEXTだけで1年中ホラー映画に困ることは無いです。

実際、私はU-NEXT以外にも2つの動画配信サブスクを契約していましたが、作品の数と更新頻度は他のサービスを圧倒していると言えます。

最終的にU-NEXTだけ契約して3年以上経ちますが、それでもまだまだ見きれていないのでサブスクならU-NEXTが1番のオススメです。

  1. 無料体験は31日間!
  2. 期間内に解約すれば0円!
  3. 無料期間でも600ポイント付与で新作も1本見れる!
  4. 4アカウント作成で同時視聴もOK
  5. 無料期間内のデメリットは一切ナシ!

\ホラー映画を31日間無料で楽しむ/

スポンサーリンク
Not Found ネットから削除された禁断動画
都市伝説やこの世界の謎を発信中
error: Content is protected !!